モテる婚活テクニック

婚活してても意外と知らない!?お見合いの流れ。

JX159_72A「いよいよ明日は初めてのお見合い。ところでお見合いってどんな流れで進めたらいいの?」

婚活を初めたばかりでは経験がなく、意外としらないお見合いの中身。知らないまま本番を迎えてしまうと緊張してしまいますよね?

そこで今回は知っているようで意外と知らないお見合い当日のスケジュールをお伝えします。

時間厳守は基本中の基本。万一に備えて早めに行動を。

何事も時間厳守が鉄則ですが、お見合いにおいても同じこと。特に将来結婚するかもしれない相手と初めて会う日ですから、時間には充分余裕を持って行動して下さい。あなたがどんなによい人柄でも時間にルーズだと思われてしまっては大きなマイナス要素になります。

特に夏場はただでさえ暑いのに慌てて走ると汗だくになってしまい、更にマイナス要素に…。お見合いはたった一度のチャンス。ここでつまずいたら次はありません。前日までに交通手段を調べておき、当日交通機関が多少乱れても支障のないよう30~15分前には会場に到着できるように調整しましょう。

お手洗いで身だしなみを整え、5分前には待ち合わせ場所でお相手を待ちながら頭の中でお見合いのシミュレーションをするくらいの心の余裕を持ちたいものですね。

よい印象を残すにはまず笑顔で挨拶を!

無事お相手と会えたらまずは挨拶です。難しいことは考えなくていいので、とにかく笑顔で挨拶しましょう。「はじめまして、○○と申します。今日は宜しくお願い致します。(にこっ)」このような感じで大丈夫です。ポイントは自信を持つこと!緊張するあまりつい声が小さくなってしまったり、お相手の目が見られなかったり、必要以上にへらへらしてしまったり…。

緊張するのはお互い様ですし、もちろん無理はしなくていいのですが、ここはひとつスマートにこなしたいものです。そのためにも緊張しやすい方は事前に鏡に向かって笑顔を作る練習をしたり、家族や友人などに協力してもらって練習させてもらったりするといいでしょう。結婚相談所で活動している場合はカウンセラーさんに相談してアドバイスをもらいましょう。

さあ、いよいよお見合い開始です。

お互いに挨拶を交わして席に着くといよいよお見合いスタートです。さて、何から話しましょうか?とりあえず会話に困ったら天気の話…という手もありますが、まず相手に感謝の言葉を伝えてみてはいかがでしょう。挨拶の時点で既に「今日はありがとうございます。」と伝えている場合もあると思いますが、改めて「今日はお会いできて本当に嬉しいです。でもとても緊張しているので、うまくお話できなかったらごめんなさい。」など、率直な思いを伝えてしまうのも意外と円滑なコミュニケーションに繋がります。

相手も同じ気持ちでいるなら「実は私も緊張していて…。」と共感し合うことでお互いに安心感が生まれ、話しやすくなります。逆に相手が緊張している様子なら、答えやすい話題から振ってみましょう。避けた方がいいのはプロフィールを見れば載っていることをそのまま聞くこと。プロフィールを見た上で会っている相手ですから、聞きたいのであれば少し掘り下げて会話が広がりそうな感じで聞きます。

例えば、「趣味は映画鑑賞と伺いましたが、どんなジャンルがお好きですか?私も映画は大好きでよく観るのですが、どうしても観る作品の系統が偏りがちなので、オススメの作品があれば教えて下さい。」とか、「お料理がお得意と拝見しました。私も最近お料理の勉強をしているのですが、この前お料理をしていたらこんなことがあって~」とか、難しく考えずに「私はこうですが、あなたはどうですか?」という感じで聞けばいいのです。

それなら質問攻めにならないし、自分のことも話せるし、会話のキャッチボールになります。時には何を話しても会話が弾まず困惑することもあるかもしれません。その場合でも自分のために時間を割いて来てくれたお相手への感謝の気持ちは忘れないで下さい。30分も経たないうちから早々に席を立つのはマナー違反です。逆に会話がとても弾んだ場合は時間を忘れがちですが、お互いが気に入れば次もまた会えるわけですから、長くても2時間くらいで切り上げましょう。

お見合いが終わったら…

一通りお話をしたらお見合いは終了です。最後にお相手への感謝の気持ちを伝えましょう。「今日はお時間を頂きありがとうございました。結論については○日までに結婚相談所を通してお答えします。」という感じでその場で答えを出さなくて大丈夫です。結婚相談所で活動している場合はお見合いが終わったらすぐにカウンセラーに連絡します。その時点で結論が出せなくてもまずはお見合いが終わったことを報告して下さい。そして遅くとも翌日までには結論を出します。迷いがあるならカウンセラーに相談しましょう。

結婚相談所で活動していない場合もお返事はできるだけ早くすることが大切です。特にお断りする場合はむやみにお返事を引き伸ばしてはいけません。また、お見合いに関してよくあるご質問はお見合いのお茶代は割り勘なのかどうかという話。これには正解がなくどちらでもいいのですが、今後交際していく中で割り勘にするカップルも多いと思うので、最初のお茶代は男性がさっと払った方がスマートだと思います。ただ、男性に払ってもらって当然という態度は感心しません。支払ってもらったら笑顔でお礼を述べましょう。

最後に

お見合いの流れについてイメージできましたでしょうか?お見合いは結婚に関わることなので緊張するとは思いますが、あなたらしさとお相手への思いやりの心を忘れずに接することができれば、少しくらい失敗してもあなたのよさや人柄はきっと伝わります。“あれはだめ”、“これもだめ”と“してはいけないこと”ばかりを考えるよりも、“あんな話をしてみよう”、“こんなことを聞いてみよう”と前向きに考えて行動することが結婚の近道です。

関連記事

  1. 緊張のあまり暴走!?男性が陥りがちなお見合い失敗ポイント

  2. お見合いパーティーで会話を盛り上がる為の3つのポイント

  3. スーツだったらいいってもんじゃない!お見合いやパーティでのスーツNG3…

  4. 婚活から最短で卒業する3つのポイント(女性編)

  5. お見合いでの「楽しい会話」の作り方!秘訣は「あいうえお」(その1)

  6. お見合い写真でのキーワード「しあわせの見える化」

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.06.15

    COMING SOON!
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP