モテる婚活テクニック

婚活から最短で卒業する3つのポイント(女性編)

KD091_72A婚活を始める年齢やきっかけは人それぞれですが、わずか数ヶ月でお相手が見つかる方もいれば、長期間に及ぶ方もいて千差万別。

ただ、ひとつ言えることとして婚活はできるだけ短期間で終わらせた方がよいということです。

今回は婚活から最短で卒業するために参考にして頂きたいポイントをお伝えします。

理想はあくまでも理想。現実を見つめることが結婚の近道

婚活を始めると今まで漠然としていた結婚像やお相手に求める条件を改めて具体的に考えることになるわけですが、「私は高望みじゃない!」と思っていても理想の結婚生活を想像しながら条件を挙げていくうちに高望みになってしまうことはよくあります。

特に結婚相談所や結婚情報サービスでは条件からお相手を検索できるので尚更です。もっとも、結婚して一生を共に過ごす相手ですから、ぶっきらぼうな方よりは優しい言葉をかけてくれる方がいいでしょうし、家事や育児を積極的にサポートしてくれる方がいいでしょうし、できれば容姿も自分好みの方がいいでしょうし、生活するには収入は少しでも多くて安定している方がいいと考えるのはごく自然の考えです。

しかし、“条件通りの完璧な相手”だけを追い求めていてはなかなか出会えませんし、出会えたとしてもあなたを選んでくれるかどうかは分かりません。そこでまず、自分の理想を書き出してみましょう。心の中で漠然と考えているよりも書き出すことで自分の本音と向き合うことができます。

そして書き出した理想を重視したいもの順に並べ替えてみましょう。そこから上位1~3つくらいに的を絞ればかなりお相手選びの幅が広がるはずです。

お相手選びには多少の大らかさも必要

お相手に求める条件をある程度絞り込んだら実際にお相手を選んでお見合いに臨みましょう。お見合いは自分で申し込むこともありますし、申し込みを受けることもあります。

そこでチャンスを逃さないためのワンポイントアドバイス。自分でお相手を選ぶとき、希望条件をきっちり指定して検索していませんか?実はそれはチャンスを逃しがちな検索方法です。ではどうすればいいのか。

例えば希望条件が35~40歳で年収は700万円以上、身長は170cm以上という場合、これらをきっちり指定してしまうとそこからほんの少しだけ条件に合わない方までふるいにかけてしまいます。年齢が41歳ということを除けば条件通りの方がいるかもしれないのに、年収が690万円でも他の条件は申し分ない方がいるかもしれないのに、身長が168cmでも理想通りの方がいるかもしれないのにきっちり区切ってしまったばかりに出会えないわけです。何だかもったいないと思いませんか?

試しに指定する条件の範囲を少しだけ広げてみて下さい。いかがですか?対象となる人数がかなり増えたと思います。また、お申込みを受けた場合も同じく、ほんの少し条件に合わないくらいでばっさり断ってしまうのはもったいないです。「まあ許容範囲かな」と思えるお相手なら会ってみましょう。

完璧ではなくてもある程度の条件をクリアしている相手ですから、会ってみてフィーリングが合えば次のステップに進むのは早いですよ。

一人で抱えずに客観的な意見を聞いてみる

婚活中に悩んだとき、気軽に相談できる相手はいますか?何事も順調なときは誰かに相談なんて考えもしませんが、婚活に悩みや迷いはつきものです。家族や友人など身近な存在の中に相談できる相手がいればあなたをよく知っているからこそ親身になって相談に乗ってくれるでしょう。

また、結婚相談所に入会していれば、経験豊富な結婚カウンセラーから的確なアドバイスを受けることもできます。自分のことはどうしても視野が狭まりがちですから、恥ずかしがったり、遠慮したりせずに相談して客観的な意見やアドバイスをもらうことも大切です。一人で抱え込んで立ち止まってしまうのは時間がもったいないですよ。

 まとめ

婚活市場では一つ年齢を重ねる毎にチャンスが減るという現実があります。ほんの少し相手に求める条件を緩やかに、気持ちを大らかに持つだけでも風向きは変わってきます。婚活から早く卒業して幸せな結婚生活を手に入れて下さい。

関連記事

  1. お見合いでの「楽しい会話」の作り方!秘訣は「あいうえお」(その1)

  2. お見合いパーティーで会話を盛り上がる為の3つのポイント

  3. お見合いでの「楽しい会話」の作り方!秘訣は「あいうえお」(その2)

  4. 婚活のポイントは「プロフィールの見える化」

  5. スーツだったらいいってもんじゃない!お見合いやパーティでのスーツNG3…

  6. あとちょっとなのに!お見合いやパーティで残念な婚活女子 NG3事例

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP