シンスケの婚活クエスト

冒険のきろく(2) ヘタレ勇者、婚活への決心をする

皆さんこんにちは! 三十路のヘタレ勇者、シンスケです。前回はボクの恋愛キャリアなどをお伝えしました。最初の村から一歩も外に出ないLv.1のヘタレであるのに、ぜ~んぶカンペキで、エンディングを迎えられると勘違いしているイタイ冒険者でした。

婚活を始めるキッカケとは

そんなボクに、自分自身を見つめなおす転機が訪れます。現在勤務している日本仲人連盟への入社でした。結婚相談所の運営を統括・サポートしている連盟本部での業務。仕事柄、意識しなくとも真剣に婚活をしていらっしゃる方のプロフィールが目に飛び込んでくる状況です。

「え? この年齢でこれだけ収入があるのに婚活しているの!?」
「これだけ素敵な女性なのに活動しているのか!?」

と驚くこと数多。皆さんホントに、素敵な方たちなんです!
素敵な女性に目を奪われ、しばし妄想。「こんな素敵な方と一緒に住めたら、幸せだろうなぁ。あんなことや、こんなことも…」

 

 

 

シンスケは、ニヤニヤしている( ̄+▽ ̄) ( ̄▽+ ̄)

 

 

 

ヨダレが出そうになった次の瞬間、衝撃的な不安が脳裏を駆け巡りました。

 

 

 

ってか、ボクは女性から相手にされないんじゃないか!?
ボクって婚活市場では、ス◯イム級のザコキャラなんじゃないか!?Σ( ºΔº〣)Σ( ºΔº〣)Σ( ºΔº〣)

 

 

 

やっっっっっと気付きました。4人家族の末っ子として生まれ、甘やかされながら極フツーの人生を送ってきました。何か特別なスキルがあるわけでもなければ、めちゃめちゃ稼ぐわけでもありません。ビジュアルは中の下。唯一の特技はゲーム。やりたいゲームが発売されれば、有給をとり、連日引きこもってゲームに没頭します。
自分を直視すると、現状のステータスは最弱。かといって、この先、強力なスキルパネルが解放される可能性も薄い…。

恋愛において有利な立場にいそうなハイステータスのイケメンが、婚活してお相手を探している。こんな状況で、今の自分に自然と彼女ができるわけがない!

ハッキリと自覚できました。

自分を客観視し、辿り着いた婚活方法は…

いよいよ最初の街を出て、冒険に出る覚悟が生まれました。そこで、問題になるのが

 

どうやって冒険(婚活)をしようか

 

という事でした。世の中にはいろんな冒険の場(婚活サービス)があるのですが、それに関しては
婚活の種類と長所短所!あなたにピッタリな婚活の方法教えます。」をご覧ください。
数ある中から、ボクが選んだのは

 

「婚活パーティ」でした。

 

パーティと言っても「勇者・戦士・僧侶・魔法使い」のパーティではないですよ。冒険者(婚活ユーザー)がお相手を探すために集まるパーティです。
ボクの周りでは、パーティに参加するより、婚活アプリを使っている人が多い印象でした。リーズナブルな価格で、気軽に始めることができる婚活アプリ。近年、20代を中心に利用者が増えていますが、ボクが婚活パーティを選んだのは、ステータスの低さを自覚したことと、文字のやり取りが苦手だからでした。

 

「画面上で他の男性と比べられたら全敗だ。少しでも自分が勝負できそうなフィールドで冒険をしよう。強い相手と戦って、ボロボロになりたくない」

ビビリと言われてもいいです! 皆さんもそうでしょう!?

ボクだって、勝ち目のない戦いはしたくないし、できることなら傷つきたくはないんです!(´;д;`)(´;д;`)(´;д;`)(´;д;`)

 

 

加えて、LINEもメールも大の苦手。相手の心を動かすような、気の利いたメッセージなんて打てやしません。人と会って直接話を聞くことは好きなので、文字のやり取りがメインの婚活アプリより、直接話すことができる婚活パーティの方が、自分に向いているのではと思っていました。

 

そう考え、意気揚々と婚活パーティへ参加したのですが…。続きは次回!

 

 

To be continued…

関連記事

  1. 冒険のきろく(3) マッチングって何だよ! 夢を返せ!

  2. 冒険のきろく4:全滅のきろく1 年上お姉さまに甘えまくり

  3. 冒険のきろく(1) 婚活スタート時の装備は、ヒ●キの棒と布の●

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP