婚活サービスの選び方

ご成婚者インタビュー

自粛の中でも繋がるご縁。
スピード成婚の裏に、「この人」と決めた覚悟あり!

【成婚者】ご主人様 38歳(2020年3月入会、2020年4月ご成婚)
ウェディングウィン(玉木夕子先生)所属

【成婚者】奥様 37歳(2020年3月入会、2020年4月ご成婚)
横浜結婚STORY(土橋知子先生)所属

【成婚者】ご主人様 38歳
(2020年3月入会、2020年4月ご成婚)
ウェディングウィン(玉木夕子先生)所属

【成婚者】奥様 37歳
(2020年3月入会、2020年4月ご成婚)
横浜結婚STORY(土橋知子先生)所属

(上記写真右より)ウェディングウィン玉木先生、ご主人様、奥様、横浜結婚STORY土橋先生。
6月に行った成婚者インタビューはソーシャルディスタンスを保って行いましたが、終始和やかで、笑顔溢れるインタビューとなりました。
お話を伺ったお二方は、2020年3月に神奈川県の結婚相談所にご入会され、翌4月ご成婚。5月18日に入籍されたご夫婦です。新型コロナウイルス感染防止のため緊急事態宣言が出されていた神奈川県から、アツ~い話題が届きました!

NNR
ご成婚おめでとうございます! 外出自粛が求められていた時期に届いた嬉しい知らせでした。お二人とも、2020年の3月に相談所にご入会されたんですね。

ご主人
はい。私が入会した3月は、正直、新型コロナウイルスがここまで大事になると思っていなくて…。入会時には、支障なく活動ができると思っていました。

奥様
私も同様です。横浜港に着岸した外国のクルーズ船が騒がれているような時期に入会を検討していました。まだ、街中での感染者がほとんどいなかったので、春から夏にかけて普通に婚活ができると思っていました。

NNR
ご入会された相談所を知った経緯や、入会の決め手があれば、お聞かせいただけますか。

ご主人
去年、知人が結婚したのですが、「結婚を目的に活動するなら、アプリや街コンじゃなくて、真剣に結婚したい人がいる結婚相談所の方がいいよ」とアドバイスをもらっていました。
そこで、(自宅のある)横須賀市の結婚相談所をインターネットで調べて、ウェディングウィンを知りました。良心的な価格設定でしたので、先ずは無料相談に申し込みました。玉木先生と実際にお会いし、話してみると、チャーミングでユーモア溢れる素敵な人柄で、ここに入会しようと決めました。玉木先生は飴と鞭を使いこなす、優しさと厳しさを兼ね備えた方です(笑)。時に厳しいことを言われたりするのですが、私のことを思ってくれているという愛情を感じます。めげず、諦めずコミュニケーションを取ることで叱咤激励をして頂き、成果を得ることができました。

奥様
私はこれまで結構な期間、婚活をやってきました。30歳の時に最初に相談所に入会し、その後、別の相談所に入会したこともあります。婚活パーティに参加したこともありました。
以前入会していた相談所は、自分でお相手を探して自分で申し込みをする自己完結のスタイルで、放任されていました(笑)。
友人が横浜結婚STORYで活動していたことがきっかけで、土橋先生を紹介してもらいました。会ってお話をした時、親身にサポートしていただけそうなことが伝わってきたので、ここに入会を決めました。
実は婚活疲れをしていたのですが、土橋先生の話を聞いていると進め方の提案などがあり、「土橋先生となら精神的な負担も軽くなり、楽しく婚活できそうだな」と感じられ、もう一度やってみようと思いました。
親が組んだお見合いをしたこともあるのですが、お相手の男性の結婚意欲がそれほど高くなかったりして苦戦しまして(笑)相談所は意欲の高い方が集まるので、結婚に向けて話も進みやすいので良いですよね。母親は早くお嫁に行ってほしいと願っていましたので、相談所への入会も、好意的でした。「早く良い人見つけなさいって」(笑)。

土橋先生(左)と談笑する奥様(右)。二人の間に築かれている信頼関係が随所に垣間見えました!

NNR
新型コロナウイルスで自粛が余儀なくされる期間に、スピード成婚。その過程を是非、教えてください。

奥様
主人とお見合いをしたのは4月頭で、緊急事態宣言が出る前でした。同じ時期に、他の男性ともお見合いが入っていたのですが、先方が新型コロナの感染を気にされていて、延期、延期になり、オンラインお見合いもちょっと…、ということでしたのでお見合いができずにいました。

ご主人
私もお見合いが複数延期になりました。あの当時、お見合い延期の判断は珍しくないと思いますが、逆に言えば妻は私に会ってくれましたので、真剣に活動されているんだろうと感じていました。

奥様
主人とはお見合いの時、とても話しやすかったんです。1時間があっという間に過ぎました。今までであればお見合いは「1時間なんとか話が繋がった、よかった」という感覚だったので、主人とは会話、呼吸、フィーリングが合うのを感じました。仕事も一生懸命頑張られていて、誠実そうで、素敵な方だと思いました。今までのお見合いだと、「悪くはないから、また会ってみよう」という選択でしたが、純粋に、もう一度お会いしたいと思いました。

土橋先生
お見合いの延期が多い中、ご主人からは「私は大丈夫です。直ぐ行きます」とお答えていただきました。頼もしくて、大変な時でも大切な人を守ってくれそうな印象を受けました。緊急事態宣言が解除された後だと、このような「スピード結婚」とはならなかったと思います。双方、延期になっていたお見合いをやって、あの方は、この方はと考えているうちに機を逸してしまった可能性もあります。ご縁って、タイミングなんだと、改めて感じました

NNR
お互い好印象を持ち、交際に入られたんですね。交際後直ぐに自粛期間になりましたが、デートはどうされていたのでしょうか?

ご主人
仰る通り気軽に出歩ける状況ではなかったので、最初はLineのやりとりが主でした。妻は言葉が上手いんでしょうね。まるで会っているような感じで、思いを感じられるLineが次々に来ました(笑)。
普通なら外でデートをしたり、ご飯を食べに行ったりするのでしょうが、居酒屋にも行くことができませんでした。そのLineのやりとりの中で「(私の)家が見たい」と言われたことがきっかけで、妻を自宅に招いてお茶をしました。玉木先生からは強烈に怒られましたけど(笑)。

玉木先生
双方の相談所で、「絶対変なことはしちゃダメよ」という念押しをしました(笑)。

玉木先生(右)とご主人(中央)が言葉を交わすときは、自然と笑顔。ご主人の顔をお見せできないのが残念です。意思疎通できている様子が伝わってきます。

ご主人
そのような大前提で、初めてのデートが実現しました。時期は、4月中旬です。そこで手料理を作って持って来てくれたので、「おぉ、これはすごいな!」と。胃袋と心を掴まれちゃいました(笑)。

NNR
どのような手作り料理だったのか、教えてください(笑)。

ご主人
Lineのやりとりで「エビが大好き」と伝えていたので、エビチリがやってきました。

奥様
あれは何度も言うけど、エビチリではなくて、エビマヨだから(笑)。

ご主人
そうでしたね…(笑)。そして豚の角煮、新玉ねぎのサラダ、ニンジンケーキ。全部手作りでした。一人では食べきれないくらいの量でしたので、次の日のお弁当にも活用させていただきました。

NNR
聞いているだけで、お腹が空いてきそうです(笑)。外で会える場所もなかったので、ご主人様の自宅でデートをしたという感じでしょうか?

奥様
実は、私が拘っていたのが「横浜市内に住むこと」でした。当時の私は横浜市内に住んでいて、実家も横浜市にあるので、横浜市に住むことができれば母に子供を見てもらいながら、働くことができると思っていました。
主人は3年前に横須賀に一軒家を建てていました。通勤も便利。となると、引っ越せないですよね。それで、「…横須賀かぁ」と(笑)。もうこれは、私が主人の自宅を拝見し、住みたいと思ったら自分の気持ちは決まるんじゃないかと思い、見せてほしいというお願いをしたんです。

ご主人
家に関しては、玉木先生からもアドバイスをいただいていました。以前は今の家に両親と暮らしていたのですが、結婚して親と同居すると、嫁姑の仲とかが気になりますよね(笑)。玉木先生から、「ご両親は勿論大切だけど、お嫁さんとご両親と、どちらと長く一緒にいるかを考えて」など助言いただきました。両親が私の将来に配慮してくれたため、今は別々に暮らしています。

土橋先生
奥様は新婚生活を横浜で送りたいという希望が強かったんです。ご主人様はその希望が分かったので、電話でいろいろとケアしていただきました。「自分と結婚すると、住む場所も名前も変わってしまうので…」と考えてくださり、結構電話で話を重ねたみたいなんです。その流れで、ご自宅に伺うことにもなりました。
お見合いまでは結婚カウンセラーの力もあるのですが、交際中はご主人が頼もしく引っ張ってくれたという印象です。奥様の拘りを溶かしたのは、ご主人の熱意でしたね。

ご主人
いや、横須賀も良いところですよ。

一同
(笑)(笑)(笑)。

ご主人の写真映りに気を配り、奥様が胸元を直す一幕も。

奥様
結婚後のこと、家事や育児を考えると不安がありました。仕事、家事、育児。親が近くでサポートしてくれれば、私もできるかもという考えから実家の近くに住みたいと思っていました。でも、主人が家事や育児を手伝うと言ってくれて、一緒に協力してやってもらえるのなら私も頑張れるかもしれないという安心感が生まれ、考え方も変わっていきました。
実際、結婚してもスゴイ家事を手伝ってくれます。掃除機をかけたり、洗い物をしてくれたり。正直、こんなにやってくれるとは思っていなかったので、感謝しています。

ご主人
(自宅のある場所は)小泉進次郎さんのお膝元なのですが、家事を手伝うというのは横須賀に来てもらうための公約みたいなものですから。できることから、コツコツやっています。

NNR
お住まいという大きな壁を越え、結婚に大きく前進したんですね!

奥様
自宅でのデートを経て、主人のことを改めて「素敵な方だな」と思うようになっていました。でも、出会って間もないこともあり、「この人と結婚して、本当に良いのか」と、どうしても躊躇する部分がありました。結婚という一生モノの決断を、こんな短期でしていいのかとも。そこで、自分の母親に会ってもらうことにしました。母親が良いと言えば、私の気持ちも固まるのではという思いでした。
母親は「良い人じゃない!!」と大絶賛(笑)。大喜びでした。母親から背中を押してもらい、私も覚悟が決まりました。

NNR
実際に結婚を意識し始めたのは、いつ頃からでしたか?

ご主人
Lineで色々なメッセージを見た時ですかね。ほんわかした感じが滲み出ているメッセージに、居心地の良さを感じました。自分にないものをたくさん持っている女性で、引き出しが多いんですよね。

奥様
振り返ると、お見合い後、電話で話を重ねた時ですね。私は横浜を出たくない。主人は横須賀に来てほしい。
そのような状況の中、「二人にとっての課題は住む場所なので、ここをクリアすれば僕たちは上手く行くと思うんですよね」というように「二人にとっての将来」を考えてくれていました。私とこれからも一緒にいたいと思ってくれているので、課題に向き合ってくれていることが伝わってきました。誠意があり、前を見据えてくれていることに心が惹かれました。
自粛期間中でなかなか会えなかったのですが、私がLineをすると返事がマメに返ってくることも良かったです。アドバイスをくれることや、相談に乗ってもらったこともありました。私は、お互いに対話を楽しめる夫婦を理想としていたので、この方となら大丈夫だと思って。とても居心地が良かったです。

ご主人
加えて妻は、とても料理上手で。その後も私の家に来ることがあると、タッパーに詰めたお総菜をたくさん作って持って来てくれました。冷蔵庫に入れたお惣菜を写真に撮り、玉木先生に画像を送って見せたりもしました。

奥様
初めて自宅にお邪魔した時、収納とか見たいじゃないですか。色々見ていると、カップラーメンが積んであるのを見つけて、「あぁ、こういうものをいつも食べているのか」と思うと、作りたいという気持ちになったんです。

ご主人
夜勤があり、不規則になりやすい仕事なので、食事をちゃんと取れないこともあります。現在職場には妻の手作り弁当を持って行くのですが、職場の男性社員からは羨ましがられます。妻の料理が上手いというのは、とてもありがたいです。

奥様
ジャンクフードが好きだったり、お肉ばかり食べたりしているので、極力野菜を食べてもらうように考えて料理をしています。

NNR
プロポーズの言葉をお聞かせいただけますか。

ご主人
普通に「結婚して下さい」です。妻のお母様と会う前に、言いました。適当な気持ちで会うのは失礼ですので、自分の気持ちを伝えました。本当はもっと、ロマンチックなシチュエーションで言いたかったのですが、自粛期間中でしたので。

ご結婚、おめでとうございます! 末永くお幸せに!!

NNR
ごちそうさまでした(笑)。いろいろとお話いただき、ありがとうございました。最後に、相談所の先生や婚活中の方に向けてのお言葉をいただけますか。

ご主人
よく、玉木先生に聞かれました。「結婚する覚悟はあるの?」と。結婚は良いことがある反面、他人同士が一緒になるので、良いことばかりではありません。そこも含めて、結婚する覚悟はあるのかと。
実際に結婚する決心をすると、以前と見方が変わった部分もありまして。なるほど、こういうことも見据えて、覚悟はあるのと聞いたんだなぁと思うこともありました。
玉木先生は、情熱、愛情、熱意を持って私に接してくれました。思いが余って、怒られることもありました。悪いように捉えれば怒られているだけですが、プラスに捉えればアドバイスを汲み取って、自分の行動を変えることができます。私はディズニーが好きなのですが、シンデレラにフェアリーゴッドマザーという魔法使いのおばあさん、……いや、マダムが出てきます。「ビビデ・バビデ・ブー」の呪文で、かぼちゃを馬車に、ネズミを馬に変える、良い魔法使いですよ(笑)。玉木先生の言葉はプラスに受け取れば、良い魔法にかかったみたいになれます。本当に、フェアリーゴットマザーみたいな方です(笑)。言われたことに対して自分がどう捉え、どのように未来につなげていくかが重要だと思います。

玉木先生
ご主人は、何と言っても素直な方です。私が伝えたことやアドバイスしたことを、直ぐ実行に移せる方です。「でも…」とか、否定的なことは言いませんでしたね。そのような柔軟性も、良いお相手を引き寄せたと思いますよ。とにかく、婚活で良い結果を生むのは、素直なココロと覚悟と勇気。そして少しの魔法(笑)!

奥様
ハッとさせられたのが、「結婚相談所は結婚したいと思う方が入るところですが、○○さん(奥様の旧姓)は入会して活動しているのに、もしかするとまだ結婚する覚悟ができていないんじゃないですか?」と土橋先生に言われたことです。
「明日、結婚できますか」と聞かれて、「明日はムリです」と答えたりしていて。活動中、自分でもずっと考えていました。自分にとって条件の良い方が表れて、良い感じになったら結婚するみたいな。結婚に対して現実味がなく少し浮ついた感じだったんです。でも、心から良いなと思える人が現れた時、条件はそこまで大事ではなくて。むしろ、結婚するための課題と自分自身がどう向き合うのかということが大事でした。
土橋さんとの面談では色々と気付かされることが多く、気持ちの表面的な部分だけではなく深層心理を探るように、私の本当の気持ちに導いていただけたと思っています。このように親身になってくれる仲人さんがいる相談所に入って、本当によかったと思います。
土橋先生と、玉木先生の仲が良かったことも、ありがたい部分でした。先生同士で私たちの交際状況を共有し、アドバイスをもらいながらサポートをしていただきました。これは、結婚相談所にしかできないメリットですよね!

NNR
素敵なお話の数々を、ありがとうございました! 私も何だか、お腹が空いてきました。

今回お話を伺った結婚相談所

関連記事

  1. スマホでサクサク読む!こんな時だからこそ、結婚相談所! 相談所の他とは…

  2. 直接会えないこの時期に結婚相談所はどうなの!?こんな時だからこそ、結婚…

  3. 婚活のみかた流!結婚相談所選び3つのポイント

  4. あなたもこれでパーティマスター!?【前編】 ~婚活パーティの特徴~

  5. オンライン婚活はアリ!?ナシ!? こんな時だからこそ、結婚相談所! 「…

  6. 婚活サービス選びでよくある、3つの間違い。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。

PAGE TOP