モテる婚活テクニック

お見合いの服装は5つのポイントで好印象に!(女性編)

JX100_72A

『お見合い』と聞いて、あなたはどんな服装をイメージしますか?

お見合いをした経験がない場合、どんな格好をしたら良いかわからない方も多いと思います。

場所は有名ホテルのラウンジなどが多く、しっかりとドレスアップする程ではなくともカジュアル過ぎてもいけない。

そして何よりもお相手に好印象を与えなければいけない、など幾つか気をつけるポイントがあります。

そこで今回はお見合いで好印象を与えられるファッションについて、をお伝えしようと思います。

ポイント1,写真のイメージからかけ離れてはいけない

まず、お見合い前にはお互いに写真を含むプロフィールを確認しあった上でお会いするケースがほとんどだと思います。プロフィールに使用しているあなたの写真はどんな雰囲気ですか?

最近は写真館で手軽に綺麗な写真が撮れるので、多くの方が写真館で撮影した写真をプロフィールに使用していると思いますが、過度に修正したものやあなたの持っているイメージからかけ離れたものはお勧めしません。お相手はプロフィール上のあなたしか知りません。

当日現れたあなたが写真のイメージと全く違ったら…よい意味でなら問題ありませんが、そうでなかった場合、お見合いが上手くいく可能性は一気に低くなります。逆の立場ならどう思うでしょうか?

 ポイント2,お見合いファッションの基本はスカート

スカートよりもパンツの方が好きな方もいると思いますが、お見合いの席ではスカートやワンピースが適当です。できれば歩くときに裾がふわっと揺れるような柔らかい素材やデザインを選ぶとより一層女性らしさを演出できますが、普段あまりスカートを穿かない方やシフォン素材が好きでない方は無理をせずにシンプルなAラインのワンピースなどでもいいでしょう。

いずれの場合も、カジュアルな着こなしにならないように気を付けましょう。イメージ的には『結婚式の二次会』を想定するとよいと思います。フォーマルすぎず、カジュアルすぎず…。

また、奇抜な色のタイツやストッキングは一般的に男性のドン引きポイントなので厳禁です。タイツなら黒やネイビーなどのダークカラー、ストッキングならナチュラルなベージュが適当です。また、夏場であっても素足は避けましょう。

 ポイント3,靴は少しヒールのあるものがオススメ

お見合いの日にはヒールのないぺたんこ靴は避けましょう。前項で挙げた洋服にヒールのない靴は似合いませんし、どうしてもカジュアル風になりがちです。5cmくらいのヒールのあるパンプスがオススメです。

また、歩き方にも気を配りましょう。服装が素敵でも背中を丸めていたり、がに股で歩いたりでは魅力は半減してしまいます。背筋を伸ばして、自信を持って歩きましょう。

ポイント4,髪型やメイクはナチュラルが基本

少しでも自分を綺麗に見せたいのが女心ですが、男性はナチュラルな髪型やメイクを好む方がほとんどです。初対面であるお見合いの席では常にナチュラルを心がけて下さい。気合が入りすぎてメイクが濃くならないようにご注意を。

ちなみに『ナチュラル』というのは素顔のことではありませんし、『手抜き』ということでもありません。自分の肌色に合った明るさのファンデーション、アイシャドウや口紅も肌なじみのいい色を選びましょう。チークはほんのり色づく程度に。濃いチークは男性受けしません。

また、最近は赤い口紅が流行っていますが、これもお見合いにはそぐいませんね。髪型はまとめ髪でもダウンスタイルでも構いませんが、顔がきちんと見えるようにしましょう。

 ポイント5,手荷物は最小限に

女性は手荷物が多くなりがちですが、お見合いにはできるだけ小さなハンドバッグで出掛けましょう。最小限のメイク道具とハンカチやお財布などで充分です。

サイズは椅子の背もたれと自分との間に置いても邪魔にならないくらいが目安です。遠方のお見合いなどでやむなく荷物が多くなった場合はコインロッカーやクロークに預けましょう。

 最後に…

お見合いでは素の自分を見せる前の段階ですから、まずは大人の女性としてTPOをわきまえた服装や立ち居振る舞いを心がけて下さい。今のうちから身に付けておけば、結婚が決まった際に親族間の挨拶などにも苦労せずに対応ができますよ。

関連記事

  1. 婚活パーティーで成功する為に意識すべき、たった3つのポイント(男性編)…

  2. 婚活パーティーで女性に嫌われやすい5つのNGポイント

  3. 婚活から最短で卒業する3つのポイント(女性編)

  4. アラフォー女性が婚活に勝つ方法とは?

  5. 自信の持てないあなたに贈る、自信の持つ前段階の心の準備。

  6. お見合いの服装で注意すべきNGファッション5パターン(男性篇)

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP